大倉陶園

大倉陶園について

設立年
1919年

創設者
大蔵孫兵衛、和親親子

地域・国
日本

ヤフーショッピングで大倉陶園を見る
楽天市場で大倉陶園を見る
概要
大倉陶園は日本の高級陶磁器メーカーで、現在は親会社のノリタケと共に森村グループの一員になっています。
創業者の大蔵孫兵衛が息子の和親と共に、東京市蒲田区で設立されたもので、創業日は工場の地鎮祭を行った1919年5月15日になっています。
孫兵衛が万博で鑑賞した西洋陶磁器に刺激を受けて、日本では生産されていなかった硬質な白磁の製造を目指したそうです。

当初は硬質磁器の製造は困難を極めましたが、次第に成功を収め、1943年には皇室のご成婚で食器調達を受け持ったほどになり、当時の製品は「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と称賛されたもので、この戦前の製品はオールドオークラと呼ばれ、古いファン垂涎の的です。

1945年に空襲で工場が全滅。


戦後になって製品の出荷を再開して、48年にはディナーセットを作成できるまでに復興。1955年に日東陶器商会(現在のノリタケ)に販売委託しましたが、製品のクォリティは落ちることなく、59年の皇太子と美智子妃のご成婚のときには晩餐会の食器を担当して、以後も皇室御用達の窯として活躍しています。

現在の横浜に新工場をつくったのはこの1959年で、以後はここで多くの優れた作品を作り続けています。

現在の大倉陶園のラインナップは、大倉陶園独自技法による美しいコバルト絵の具で絵付をしたブルーローズ、正倉院の御物から着想をえて忍冬唐草文や唐花文様を描いた呉須正倉院、ナポレオンが好んだモスグリーンを大倉独自ぎよう「漆蒔」で表したナポレオンなど。

*トップに戻る

<<ヤフーショッピングで大倉陶園を検索>>
[csshop service=”valuecommerce” keyword=”大倉陶園”]
*トップに戻る

<<楽天で大倉陶園を検索>>
[csshop service=”rakuten” keyword=”大倉陶園”]
*トップに戻る*
ヤフーショッピングで大倉陶園を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA