ローゼンタール・ディナーウェア

ローゼンタールについて

設立年
1879年

創設者
フィリップ・ローゼンタール

地域・国
ドイツ・バイエルン

ヤフーショッピングでローゼンタールを見る
楽天市場でローゼンタールを見る
概要
ローゼンタールはドイツ南部のバイエルンのエアカースロイト城に、フィリップ・ローゼンタールが絵付け工房を開いたのが始まりです。さらに1891年に良質の陶土を求めて、ドイツ磁器生産の中心地ゼルブに工場を設立して、ヨーロッパを代表する磁器メーカーに成長していきました。


ローゼンタールの最初ほヒット作は1886年に生まれた灰皿で、質素なイメージながら、現在でも通用するデザインになっています。

その後も1916年のマリアシリーズがヒット。順調に社業を広げますが、創業者一族は1930年代にすべての株式の権利を放棄して、名前だけになります。ナチスとの関連で、創業者の息子がイギリスに逃れ、ナチスと対抗していたことも関係があったそうです。
戦後、フィリップ・ローゼンタールJrは起訴で株式の11%を勝ち取り、経営に参加していきます。

現在のローゼンタールはスタジオライン、クラシックの2つのローゼンタールと、2000年に買収したフッチェンロイター、イタリアのヴェルサーチとのコラボラインと4つのラインが存在します。
ローゼンタール自身もウェッジウッドグループの傘下に入っています。

ドイツの陶磁器ブランドとしては、マイセンなどに比べると知名度は低いのですが、高品質な製品を生み出しています。

創業者の
*トップに戻る

<<ヤフーショッピングでローゼンタールを検索>>
[csshop service=”valuecommerce” keyword=”ローゼンタール 陶磁器”]
*トップに戻る

<<楽天でローゼンタールを検索>>
[csshop service=”rakuten” keyword=”ローゼンタール 陶磁器”]
*トップに戻る*
ヤフーショッピングでローゼンタールを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です